fc2ブログ
 

鉢植えのあじさいの育て方や地植えや植え替えのやり方

あじさいの鉢植えや育て方や地植えや植え替えのやり方


直射日光の下では花が早く色あせるので、
戸外の半日陰か明るい室内に置いてください。

冬は、霜や低温に当たると花芽が傷むので、
玄関などに移動させてください。

水やりは、紫陽花は基本的に水を好む植物です。

春から夏にかけては、水をよく吸い土が乾きやすいので
土の表面が少し乾いたら、株元にたっぷりと与えてください。

鉢の底から水が流れ出る位がちょうどよいでしょう。
カゴ入りや受け皿付きの場合、根腐れの原因になるので
溜まった水は必ず捨ててください。

肥料は開花中は、与えてありますので必要ありませんが、
その後は、月に1度市販の固形肥料を与えて株を充実させてください。

冬は不要です。



花が咲き終わったら、
株を充実させるために、早めに切り戻しを行います。

剪定や整枝は、9月中旬以降に切り戻しを行うと、
花芽を切ってしまう恐れがあるので、
花が咲き終わったら、できるだけ早く花から2節ほど、

下の部分で切り戻しを行いましょう。
アジサイは、今年咲いた花の下部に翌年の花芽がつく事が多いため、
深く切りすぎると、翌年の花が咲かなくなることがあります。

植え替えは、鉢の中で根がきつく張ってしまうと、
根づまりを起こすので、1年に1回花が咲き終わった、
7月下旬頃、ひと回り大きな鉢に植え替えます。

地植えにする場合は冬に行います。
アジサイがかかりやすい病害虫

アブラムシは、5月〜9月によく発生する害虫です。
植物の汁を吸い栄養を取ってしまう為、生育が悪くなります。

「ベニカXスプレー」等の市販の殺虫剤をまいて駆除しましょう。



■ハダニ・・・6月~9月、株が弱ってきた時にでやすくなります。
     葉の裏などにクモの糸状のものが付着し、葉がかすれたように白くなります。
     市販の殺ダニ剤をまいて駆除しましょう。
     こまめに葉の裏に霧吹きなどで水をかけると、
      発生を抑えることができます。

■うどんこ病・・・梅雨時期などに発生し、葉が白く粉をふいたようになります。
       風通しを良くし、殺菌剤を散布し被害の拡大を抑えてください。


--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ

サツキの剪定の仕方と剪定時期 剪定方法

サツキの剪定の仕方と剪定時期 剪定方法


さつきは害虫が少なく比較的手入れがしやすい樹木です。

刈り込みは花が散ったらすぐ(1ヶ月以内)が良いです。

翌年の花芽が出始める前に剪定が必要なためです。
刈り込みは、かなり大胆にしてもOK、
葉がなくなり枝だけになっても翌年はしっかり葉や花がつきます。

刈り込み時期が、早いので秋口に葉がぼさぼさして気になりますが、
そこで刈ってしまうと、花が少なくなってしまうので我慢してください。
伸びることを想定して小さめに刈っておくと良いかもしれません。

さつきに限らず、街路樹で植えてあるものを注意してみていると、
手入れなどの参考になります。



ツバキやサツキは、4月~5月頃にかけて花を咲かせ、
6月中旬頃から、7月頃には花芽がつき始めています。

花が終わってから翌年の花芽がつくられるまでの期間が短い花木です。

ですので剪定は、この花芽がつく頃までに済ませるようにします。
「ツツジ祭りの翌週にお花見に出かけたら、
既に剪定が終わった後で、全く花が見られなかった。」

ということがありますが、このような理由からです。

玉づくりの樹形に刈り込む場合、
太い枝は樹形の中までハサミを入れて、
小枝のある位置で切り戻し剪定をしてください。

その後、刈り込みバサミで半円形に刈り込みます。
こうすることで、きれいな樹形をつくることができます。

また、枝が立ち上がりやすい性質をもつ、
レンゲツツジやミツバツツジは、
庭の中で大きさのバランスを保つ剪定に心がけましょう。

剪定の適期に、伸びすぎた枝を切り戻し剪定します。



年に2~3回程度肥料
(化成でOK・ホームセンターに行くと花とか樹木用があります)
をあげればさらに良いです。


--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ

剪定ばさみの研ぎ方と手入れの仕方

剪定ばさみの研ぎ方


秋の剪定をはじめ、
ガーデニングで剪定はさみを使うことは本当に多いです。

使うごとにこまめに手入れをすれば、
この比較的高価な道具をよい状態で長く使うことができます。

それに、剪定する上で一番大切なことは、
良く切れるはさみを使うことです。

切れ味が悪いと草花や木、そしてはさみも痛めます。
はさみは、常によく切れる状態を保つように、
日ごろの手入れをしっかりするようにすることが肝要なようです。


剪定はさみを使っているときに、動きが重い感じの時、
すり合わせと軸に注油すると調子が軽快になるなど、
少しの手入れで気持ちよく使えるようになります。

オイルは家庭にある、自転車用・ミシン用など
あり合わせのもので大丈夫です。
では、手入れ方法です。



★剪定はさみを長持ちさせる手入れ方法:

・刃の裏面を良く手入れすること。使い終わったときには汚れをよくおとす。
・軸に潤滑油をさす。デザインによって形に違いがあります。

・切れるうちに研ぐこと。完全に切れなくなった刃物は、
素人にとって研ぐのが非常にむずかしくなります。

★剪定ばさみの刃の裏面と軸の手入れ:

・剪定はさみを長く切れ味良く保つために、
気をつけて手入れをしていただきたいのは「刃の裏面」と「軸」です。

・樹液を落とすこと。木を剪定すると必ず樹液が付着しますので、
剪定はさみの使用後にはこの樹液をきれいに落とすことが大切です。

樹液は固まってしまうと落ちにくくなりますが、
使い終わったらすぐに、かたく絞った濡れ雑巾で丁寧に拭くと簡単に落とせます。

このずぼら主婦には耳がいたい話です。

・水分を良く拭き取ること。樹液をきれいに取り除いたあとは、
水分も良く拭き取ります。刃物全般の扱い方ですね。

・潤滑油を注す。要の部分です。



★剪定はさみの研ぎ方:

剪定はさみも、普通のはさみもナイフ、包丁の要領で研ぎます。

剪定はさみの刃をよく見ると、平たいところではなく淵のほうが、
刃になっているのがわかります。

ここをとぎます。
砥石で一番よいのは小さなもので、
手に持って使うオイルの砥石だとおもいます。

剪定はさみ用の水をつけて
研ぐ安価なものを買ってきてつかっても問題ありません。
度は、剪定はさみをよく見て同じ角度を保つように研ぎます。

ここが大事なところです。

研ぎ終わったら、水分を完全に拭き取り、
サビを防ぐために全体に薄く油を塗っておきます。

そして、刃と軸の部分に潤滑油を注します。
油はいろいろありますが、中でもお勧めは「ミシン油」等の鉱物油です。

また、車のエンジンオイルも良いです。
軸に注す油は潤滑性の良いものをお勧めします。
べたべた固まるオイルはさけましょう。



これで、家には、切れない刃物が
ごろごろ状態解消をしようと思っています^^♪


--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ