fc2ブログ
 

グランドカバーにオススメなアジュガの育て方とアシュガの管理方法

アシュガの育て方と管理について


今回は、アジュガの育て方についてご紹介します。

アジュガは、春に青紫の小花をいっせいに咲かせ、
とても人気がある花の一つです。

このお花は、水はけのよい土と半日陰を好む常緑種の花です。
銅葉や白斑の品種があり、花のない時期もアクセントになります♪



アジュガは細長い茎を地面にはうように伸ばし、
節から根を下ろしてどんどんと横に広がって生長します。

むき出しの地面をグリーンで覆う、
グラウンドカバーとして使うことができ、とても便利です。

また、アジュガは地下茎で外へ外へと広がりますが、
中心部が蒸れて枯れやすいのが欠点です。

枯れた部分を大きめに切り取って土を入れ替えたり、
他の種類を植えるなどのフォローが必要になります。



アジュガの植え付けや植え替えの時期は、
1年を通していつでも行うことができる。

地植えの場合は、同じ場所で4~5年育てていると、
生育が弱ってくるので、新しい場所に植え替えるか、
同じ場所でも新しい土を入れて植え替えるようにする。

鉢植えの場合は根がまわって根づまりしそうになったら、
一回り大きな鉢に植え替える。


植える場所は、アジュガは1時間くらいしか
日の光の当たらない半日陰のでもよく育つのですが、
直射日光や西日の当たる場所では、土が乾きすぎて適しません。

アジュガは耐寒性はあるので、0℃くらいまでなら
外でもじゅうぶんに育てることができますが、
霜に当たると葉が枯れるので、寒冷地では簡単な霜よけが必要になります。



剪定やお手入れですが、
アジュガの剪定は、株の消耗を防ぐために、
花が終わった後に花茎を根元から切り落とすようにします。

花の終わったあとに、株元から細長い茎(ランナー)が
這うようにして伸びて、節から根を下ろして新しい株ができます。

アジュガはそれを繰り返していくらでも広がるので、
伸びる余地がなくなったり、じゃまになる場合は、
ランナーを広がらないように内側に曲げるなどして、
伸びていく方向を人為的に変えてやるようにしましょう^^



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


花・ガーデニング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密