fc2ブログ
 

ガーデニング 初夏に向けての花壇のデザイン

ガーデニング 初夏に向けての花壇のデザイン


4月頃に植えた花苗がそろそろ根付くころです。
1~2週間に1回程度、液肥を施します。
葉が黄色くなっていたら肥料不足、
緑が濃すぎるようなら、チッ素肥料が過多です。



夏の初旬~中旬の作業についてですが、
日当たりの悪い場所でも、育つ草花の苗が出回る時期です。

花壇の縁どりに向くコリウスなどを植えると、
花壇の表情がより豊かになります。

また、秋に咲く宿根性サルビアは、
初夏のさし木に向けて、親株をコンテナで育てておきましょう。
1年性のサルビアは、この時期に種まきをすると夏花壇に利用できます。



秋まで楽しむ花壇づくりをしたいのでしたら、
春の主役だったパンジーやネモフィラなどの古株を抜き、
秋まで楽しめる草花の苗を植えると良いです。

開花期間が長い「フクシア」「アメリカンブルー」
「ペチュニア」「ナスタチューム」「サンビタリア」などに、
ライム色の葉が美しいリシマキアなどを組み合わせてみましょう。

まずは、肥料持ちのよい土づくりからスタートすると良いです。



夏の中旬~下旬の作業は、
梅雨明け前に、マリーゴールドやサルビアなど春まき草花の種をまきます。

初夏から開花している場合は、
夏の下旬に切り戻し作業をしておきましょう。

また秋植え球根の掘り上げは、夏の中旬~下旬にするのがオススメです。
葉の上1/3が黄色くなったら、掘り上げて陰干しして、
全体が黄変したら、葉を付け根から折りとってさらに陰干しをしてください。

根をとって外皮を1枚はがし、
網袋に入れて風通しのよい場所に保管します。



これからの時期から初夏に向けて、
ある程度、準備しておくと楽にガーデニングをすることができますよ^^♪



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


花・ガーデニング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密