FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿根バーベナの種類について

宿根バーベナの種類について


園芸で用いられているバーベナ種類は、ほんの数種類です。

本来は、多年草なのですが、
以前は、冬を除く春~秋まで楽しむ植物でした。

最近は、宿根バーベナという名前で販売されているものもあります。

従来のバーベナと比べてどう違うのか、
いまいちわからないまま販売している所が多い気がします^^;笑



ただ残念なのは、どの種類もウドンコ病が発生しやすく、
気がつくと、葉が白くなっているものが多いです。

耐病性とうたわれていても、結局はだめな気がします。
現在販売されている品種は、皆交配種で、
数種類の原種との交配で生まれたもので一年草扱いです。

ただし、オレンジ色と淡いブルー、ピンクの種類は、
宿根バーベナとして販売されています。

また、葉に切れ込みの多い宿根バーベナは、
夏にも冬にも強く毎年花をつけます。

このタイプは、サントリーフラワーズでタピアンとして、
厳選選抜された品種が春先に販売されています。



また、「バーベナ・ボナリエンシス」という種類もあります。
性状は、多年草になり、 原産地は、中央~南アメリカになります。

特徴は、花色に変異があり淡い赤紫色~淡い青紫色などがあるのが特徴です。
花は穂状花序につき、草丈は通常のバーベナと違い、とてもよく伸びます。

なんと驚くことに、80㎝~1mほどにまで育ちます。



バーベナは、とても綺麗な花ですので、
個人的にも、とても好きな花の一つでもあります♪

是非、バーベナを育ててみてください^^



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


花・ガーデニング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。