fc2ブログ
 

ナチュラルガーデニングの棚について

ナチュラルガーデニングの棚について


ナチュラルガーデニングで使用する棚は、
雨に打たれっ放しになってしまうので、木が腐る可能性があります。


まずその対処法として、
棚が全てムクの木の板を使ってつくられているかどうかが重要です。


工芸家具屋製の物を除き、大半の商品は、
表面には本物の木を薄く削いだものを張って仕上げてあったとしても、
芯になる板には、パーチクルボードやMDFと呼ばれる木を
粉砕し樹脂で固めたようなものを使っています。


そのような、家具を雨ざらしで使うと、
腐る以前に、木口などの隙間から雨水が芯材に浸入し、
木(板)が膨れ上がり、ボロボロになります。

また、全てムク材の物で、あってもいろいろ問題があります。
まず、屋内を基本と考えているので、木材自体も耐光性が低いものが殆どで、
塗装、細部の処理も屋外用には向きません。


仮に、チーク材など雨水に強いものや
パイン、ヒノキなどのように、比較的強いものがあったとしても、
ご自信で、塗装をはがすのは大変なので、

最初からいわゆる、ツルツルに塗装をしたものではなく、
オイルや蜜蝋仕上げの民芸調のものを買い、
その上から、耐水性のあるオイルを自分で定期的に塗りこむ
という使い方をすれば、ある程度は持ちます♪


屋外でも、パーゴラの下の様に、
ある程度、雨が遮られる下での使用であれば良いのですが、
常に日光にさらされ、ずぶ濡れの状態は、正直辛いです^^;

そうなると、雑誌などに掲載されている、
屋外専用のガーニング家具を買った方が良いです。


定期的なオイルの塗りこみや、ペンキ塗装は必要ですが、
良い素材のものを買えば、かなり長持ちをします^^

安いものは、材自体は丈夫でも、
ダボと呼ばれる、接合材などに普通の材を使い、
そこから朽ちてきてしまします。

良いものは、強い材だけで組み上がっているので、
そのようなことは起こりません♪


あとは、DIYのお店で自分で作る方法があります。
ムク材を使った、手作り棚セットなども売られていますが、
シェルフ程度であれば手作りも良いかと思いますよ^^♪



たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


花・ガーデニング ブログランキングへ




コメントの投稿

秘密