FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あじさい盆栽の作り方や育て方、剪定や増やし方について

あじさい盆栽の作り方や育て方、剪定や増やし方について


今回は、あじさい盆栽の作り方や
育て方、剪定や増やし方などについてご紹介します。

あじさい盆栽は、耐陰性もありますが、
花つきをよくするには日当たりのよい場所が適します。
やや湿り気のある肥よくな土壌を好みます。

水やりや庭植えには、鉢植えともに水切れには注意してください。
土が乾きすぎるようだと、生育や花つきが悪くなります。

肥料は、寒肥は3日までに有機物(堆肥など)と
草木灰を混ぜたものを株の周囲に施し、
開花前の5月ごろに油かすなどを施します。

病気は、うどんこ病、モザイク病、斑点病、炭そ病が主で、
うどんこ病を予防するには、込んだ枝葉を剪定して通風をよくします。

害虫は、オオミノガ、カイガラムシ、アブラムシなど
春から夏にかけて発生することがあります。



用土(鉢植えの場合)は、黒土を主体にして堆肥などの有機質を加え、
通気性と保湿を得るために鹿沼土など混ぜて用います。

植えつけや植え替えですが、
植えつけは、落葉期間中ならいつでも行えます。
2~3年に1回植え替え、用土の通気性をよくします。

ふやし方は、さし木がメインで、
3月から4月に前年枝を用いて春ざしをするか、
6月ごろに当年枝を用いて夏ざしをします。

いずれの季節も充実した穂木を使用します。

株分けは、植え替えの適期に行いますが、小分けにしすぎないよう注意します。



主な作業は、花がら摘みや剪定を行ってください。
花つきをよくするためには、7月上旬から9月中旬に花がら摘みと合わせて、
今年伸びた新梢の芽(節)を3~5個残し剪定します。

落葉前後(11月下旬ごろ)に切り詰めると、
樹形を小さくすることができ、
枝下に残る大きい芽から花を咲かせることもできます。

古くなり太く木化した茎は、2月上旬から3月上旬に整理します。


--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。