fc2ブログ
 

DIYガーデニングでの手作りの柵の作り方やハードウッド

DIYガーデニングでの手作りの柵の作り方やハードウッド


今回は、ガーデニングの柵の作り方についてご紹介致します。

まず始めに、フェンスの全長を決めましょう。
次に、柱が等間隔になるように位置を割り出し、
穴を掘る場所を決めてください。

柱の間隔は、900~1500mm程度がベストです。

穴を掘る場所を決めたら、スコップで穴を掘ります。
深さは、シチュの長さの約1/3
(3mの支柱であれば1m穴を掘り支柱を埋める)

最低でも600mm以上掘り、
底を柱など重たいもので突固めてから砕石するといいでしょう。



支柱を直埋めするか、またはフェンスブロックを使用する場合は、
フェンスブロックを配置し、柱を立てかけましょう。

【ご注意】
フェンスブロックをご使用の場合、角柱のままだと10cm程度しか入らず、
フェンスブロックのヒビ、割れ等の原因となりますので、
支柱を深く埋めるには、角柱の先を鉛筆状に削ぎ落とし、

フェンスブロックごと穴に埋めるか、
支柱を直埋めすることをおすすめ致します。

次に柱の高さをある程度揃えて柱の小口に、
笠木(38×90)を固定し連結してください。

※笠木をとめるビスは75mm程度をご使用ください。

※笠木をつけない場合、不要な材を小口等に仮止めして、
柱の頭を連結すると、作業がとっても楽になります。



水平器で笠木の水平、柱の垂直(前後左右)と間隔を確認し、
フェンスブロックの場所を決めましょう。

深すぎる場合は底面に土を足すなどして調整をしてください。
場所が決まったら静かに土を埋め戻し、
まんべんなく突き固めてください。

再度笠木の水平、柱の垂直、間隔を確認し、
フェンスブロックと柱の隙間にモルタルを流し込んでください。

モルタルを練る際、標準よりも水分が多めのほうが、
隅々まで行き届くのでおすすめです。

モルタルが完全に固まるまで数時間~1日かかります。
固まる時間は、天候、現場環境により当然異なります。



モルタルが固まったら、最後の仕上げのフェンス貼りです。
フェンス材をクランプ (2個)で挟みながら仮固定し、
ビスで打ち込んでください。

フェンスは、上段より貼っていき、
空気抵抗を考慮した隙間を空けて貼りましょう。

板材の幅の半分程度の隙間をあけるのが目安です。



最後に共通注意点についてですが、

・サイプレス、ウリンなどは木材が非常に硬いので、
下穴を事前にあけてください。

・オイルステインや木材用塗料を塗る場合、
組み上げる前に塗布を行い、
最後にもう一度仕上げをすると、塗り残しがなく美しく仕上がります。

・インパクトのビットや錐は、消耗品のため破損する事があります。
予備を含め多めに準備しておくと、
工事が中断する事無くスムーズに進みます。

・設置場所(地盤が軟弱)や高さ(1800mm以上位)、
長さ(直線のみで長いなど)によって、
方杖を入れたほうが良い場合があります。



使用する木材は、高耐久の物でないと、
結局10年程度で腐ってしまい
もう一度と作り直すとなれば、高い金額になりますので、注意してください。

今回は、とても安くて、高品質なハードウッド材を
取り扱っているお店を見つけました!

在庫が無くならない内によろしかったら、ご覧下さい。

納得の行く、ハードウッド材が見つかるかと思いますよ!









--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密