FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーサルビア・ファリナセアの育て方

ブルーサルビア・ファリナセアの育て方


今回は、ブルーサルビア・ファリナセアの
育て方についてご紹介します。



花が、真夏の暑さで弱ってきたら、
8月頃切り戻しをしておくと、秋にはりっぱな花が咲きます。

サルビアファリナセアは、寒さに弱く一年草とされますが、
本来は多年草なので暖地では庭植えで越冬できます。
東京でも日向であれば、越冬できました。



1月ぐらいに古い茎をすべて切り戻して、
春に新芽を出させてるようにします。

2年ぐらいは良い花を咲かせますが、
少しずつ株が弱ってきますので、
定期的に種まきをすると良いでしょう。

種まきは、5月になって行います。
発芽したら間引きして、本葉が4~5枚になったらポットへ仮植えします。

仮植えの用土は赤玉土6、腐葉土4ぐらいで、
緩効性の肥料をのせておきます。

根が回ったら日当たりがよく、水はけの良い場所に植えつけます。
少ない株数であれば、
ブルーサルビアの苗を求めて、育てるのも便利です。



過湿、乾燥が苦手なので、花壇でも、あまり乾かさないようにします。
鉢植えの場合は表土が乾けば水やりします。

花壇では、元肥に腐葉土と牛糞や鶏糞などを、
追肥として、定期的に骨粉入りの油粕などを与えればよいです。

鉢植えの場合は緩効性の化成肥料や、
液体肥料を定期的に与えればよいです。

増やし方は、暖地で越冬したサルビアファリナセアを、
春や秋に挿し木にすることができます。

3節ほどの挿し穂を用意し、
いちばん下の節の葉を取って20分ぐらい水揚げします。

葉を取った節が土に埋まるように、
あれば発根促進剤をつけて挿します。
時期は春の5月~6月頃、秋の9月下旬~10月頃が、目安です。



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。