FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデニングでのビオトープの作り方とめだかについて

ガーデニングでのビオトープの作り方とめだかについて


ビオトープは水を張るのでとても重くなり、
一度設置すると動かすのが容易ではありません。

ベランダや庭の置き場所を決めてから、設置しましょう。

水生植物は、日当たりがとても重要です。
スイレンなどは、
根元にしっかりと日光があたらないと花が咲きません。

夏に高温になりすぎることも考慮し、
西日があたり過ぎない南側がベストです。

ベランダでは、真夏の照り返しで思った以上に、
高温になることがあります。

いざというときに、
よしずなどで日よけしてあげられることも考慮しておきましょう。

また、直接床に鉢を置かず、
スノコやレンガなどで風通しをよくしてあげるのもアリです。

庭でも、板などの上に置いておくと、
場所の微調整ができます。

設置の際、オーバーフロー(水をこぼして汚れを流す)させるので、
水が流れても、大丈夫なところに置くことも重要です。



鉢を設置したら、用土を入れて固まりがなくなるようほぐします。
大きなゴミなどがあれば取り除きます。

用土の量は、鉢底から3分の1程度あればよいでしょう。
深い鉢にスイレンを植えると、葉っぱが水面に届かない場合があるので
別の植木鉢に植えて、レンガなどで上げ底をします。

その場合、鉢に直接入れる用土は少なめ(もしくはなくても可)です。



その後、土をならして、植物を植えつけます。
直接植える場合は、後に移動できませんのでバランスを考えます。

スイレンなら真ん中に。
背の高いものがあれば、後ろ側に。

広がりやすいものを数種入れるなら、浅い植木鉢に植えて
レンガなどで上げ底をして入れます。

後から、移動したい場合は上げ底方式が有効です。



植物の位置が決まったら、水を入れます。
土が思った以上に濁りますので、
ゆっくりゆっくり、土が舞わないように
少しずつ注いでいきます。けっこう時間のかかる作業です。

鉢の壁にアクアリウムのネットなどをあてて
そこを通して注ぐと、土が舞いにくいです。

直接土に水が当たるとすごく濁りますが
多少の濁りは、後で落ち着いてきますので、心配いりません。

鉢からこぼすように、たっぷり水を注いでいきます。

オーバーフローすることで、細かい汚れが流れていきます。
ある程度、汚れがなくなったらOKです。

濁りが落ち着くまで、しばらく置いておきましょう。

設置したばかりのビオトープの水は、
きれいに澄んだ状態にはならないことが多いです。

少しの濁りは気にしないで下さい。
植物と生体がなじんでくると、徐々に水も澄んできます。



最後にカルキ抜きの薬剤などを入れて、
生体を入れられる水に調整します。

まずは、ビニール袋にメダカやエビなどを入れ、
そのままビオトープに入れます。

水温調整のためです。
1~2時間ほど置いたら、ビニール袋の水を少し捨て、
中にビオトープの水を足します。

これは、水質に慣れさせるためです。
3回ほど捨てて、足して、を繰り返してから、ビオトープ内に放ちます。

浮き草は、できれば買ってきてすぐ入れず、
しばらくバケツなどにつけておくといいです。

あまり状態のよくないショップで購入した場合は、
40℃くらいの温水で根の部分を洗って水につけておくことをおすすめします。

不要な貝や虫を入れないためです。

最初のうちは、メダカにエサを与えておいたほうがいいです。
落ち着いてきたら、
微生物なども増えてくるので、エサをあげなくても元気に育ちますよ^^♪



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。