fc2ブログ
 

胡蝶蘭の育て方と水やりの仕方

胡蝶蘭の育て方と水やりの仕方


胡蝶蘭は熱帯の植物で、寒さがとても苦手な植物です。

真冬に購入したものは温室育ちで、
開花株は、最低温度を15度ぐらいに保つ必要があります。
置き場所は、レースカーテン越しの日当たりのよい場所に置き、
水やりは、植え込み材料の表面が乾いて、

水気が感じられなくなってから、室温ぐらいに暖めた水を与えます。
水の与えすぎは、根腐れの原因になりますので注意してください。

また、直射日光が当たる場所に奥のは、避けて、
レースカーテン越しに置いてください。



ただし、湿度を好むので、ある程度空中湿度が必要です。
暖房の効いた部屋などでは、
暖かい時間に何回か霧吹きなどで加湿してあげます。

空中湿度が不足すると花の寿命も短くなります。
肥料は、開花中に必要ありません。

開花も終盤になって一番最後の花が咲き終わったら、
切り花にすると結構長く花を楽しむ事ができます。

切る際に花茎の途中で、花茎切りを行うと2番花が咲く事があります。



贈り物などで売られている胡蝶蘭は、
数株のポット苗や裸苗が寄せて植えられてる事が多いです。

そのまま管理すると、根が腐りやすく育てるのが難しいので、
花が終わったら、各一株ずつにして育てるようにします。

花が終わった時期が丁度5月から6月頃なら、
一鉢ずつにして植え替えますが、それ以外の時期なら、
数株のポット苗や裸苗を出して、ポット苗は一つずつにして育て、

裸苗の場合は同じぐらいの大きさの素焼き鉢にそのまま入れて育て、
春の5月から6月頃になったら植え替えます。



胡蝶蘭は、年間を通じで販売されていますが、
これは、温室で温度調節され強制的に花を咲かせたものです。

自然では、11月から12月に花茎が伸び、
冬に加温した温室では、2月から3月頃の開花、
暖房の効いた暖かい部屋に置いた簡易ビニール温室内では、

3月から4月頃の開花、暖かい通常の室内ではそれ以降の開花になります。
ただし、胡蝶蘭は冬の寒さ、冬の乾燥(空気)にも弱く、
室内に置いただけで、花を咲かせるのは難しくなります。

高価な花ですので、大切に長く育てたいものですね^^♪



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密