fc2ブログ
 

芝生の手入れと管理! 年間予定

芝の手入れ! 年間予定


今回は、芝の手入れについてご紹介します。

1月は、一番休眠が深まる時期ですので、
ほとんど手入れの必要はありません。

雑草対策をしておくと、春の手入れが楽になります。
霜が降りたときには、芝生をあまり踏まないようにしてください。
休眠している根が傷むことがあります。

2月もまだ芝生は休眠していますが、
そろそろ起こす準備をしても良い時期です。
芝生を活性化するための更新作業を行って、春の萌芽を促すと、
立ち上がりが早くなってシーズンを長く楽しめます。

3月上旬から芝の芽出しが本格化します。
2月に更新作業をしていない場合は、
早いうちに行っておくと良いでしょう。

更新作業の一つに目土入れがありますが、
目土は芝の生育を促進する効果がある半面、
目土入れを繰り返すとグランドレベルが、
どんどん上昇するというデメリットもあります。

広島東洋カープの本拠地であった、
旧広島市民球場では、長年の目土入れによって、
グランドが30cmも高くなったという事例がありました。



4月は、雑草の勢いも一段と増します。
油断しているとあっという間に大きくなりますので、
気がついたらこまめに抜くようにしましょう。

除草剤を使用する場合は、雑草の発芽を抑制する
「土壌処理効果」のある製品がおすすめです。

5月になるとほぼ全面的に新芽が生えそろい、
芝生のグリーンを目で楽しめる時期に入ってきます。

と同時に、芝刈りスタートの時期でもあります。
芝生の成長はムラができやすいですが、
伸びている所を基準にして、芝刈りをすれば軸刈りの心配が少なくなります。

6月には、芝生が密になっているところは、雑草の勢いが衰えてきますので、
抜き取りは、やや楽になると思います。
除草剤は用量を守って適宜散布してください。

刈り込みは、刈り高20mmくらいを目安に芝刈りをします。
本格シーズンに入ると、旺盛に伸びるますので、
様子を見ながらこまめに芝刈りしてください。



7月になると、芝生が密になると雑草が生えにくくなりますが、
それでも隙を見て生えてきます。

刈り込みは、刈り高20mmくらいを目安に芝刈りをします。
1週間に1度くらいの頻度で、芝刈りするつもりでいた方がいいでしょう。

8月は、芝生の刈り込みをきちんとやっていれば、
芝生がかなり密に生え、雑草の発芽は少なくなります。

刈り込みは、刈り高20mmくらいを目安に芝刈りをします。
1週間に1度くらいの頻度で、芝刈りするつもりでいた方がいいでしょう。

9月にも、雑草は相変わらず生えますのでこまめに抜いてやりましょう。
特にメヒシバは、実をつける時期になりますので、
種を落とす前に抜いてやる事が大切です。



10月は、下旬ごろに今シーズン最後の芝刈りをします。
シーズン最後の芝刈りは「刈り止め」といいます。

少し長めにしておくと、冬の間の痛みを軽減することができるようです。
このシーズンも緑を楽しませてくれた芝生に、
感謝の意を込めて刈っておきたいですね♪

11月は、芝の色があせてくると雑草が判別しやすくなります。
なるべく、こまめに抜いてやりましょう。
適宜除草剤の散布も効果的です。

12月に生えてくる雑草は、春以降やっかいになるものが多いので、
大きくならないうちに抜いておきましょう。

芝刈りや水やりは、12月に入ると、特に必要ありません。



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密