FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケ地としても使える旧古河庭園

ロケ地としても使える旧古河庭園


旧古河庭園は、数少ない大正初期の庭園の原型をとどめた貴重な財産で、
国指定の名勝の文化財ひとつです。 



また、悪魔くんの第11話『幻の館』では、
人が次々と失踪する不気味な館、そして第17話の『黒猫館』、
ジャイアントロボでは、第12話『合成怪獣アンバラン』
の中でBF団のアジトとして撮影された場所が旧古河庭園を紹介です。

場所は、東京のJRの駒込駅、又は上中里駅から徒歩10分です。
ここは、明治時代には陸奥宗光の邸宅でしたが、
1917年(大正6年)、古河虎之助男爵の邸宅として現在の形に整えられました。

しかし東京なのに物凄く広い敷地で、洋館と洋風庭園は、
明治から大正期にかけてニコライ堂、鹿鳴館等、
多くの洋風建築を手掛けたジョサイア・コンドル氏によって設計されました。



本館の中を見学するには、事前に予約が必要です。
館内は、イギリスの宮殿そのものでこぢんまりとしていますが、
英国風に窓が広く、心がとっても和みます。

薔薇園、そして離れに日本庭園もあり、
こちらは、近代日本庭園の先駆者として、
数多くの庭園を手掛けた小川治兵衛(植治)氏により作庭されました。

この二つの庭園では、四季や季節の花を充分に満喫できます。

「悪魔くん」の『幻の館』や『黒猫館』の撮影は、
本館隣りのお手伝いさんが住んでいた別館らしく、
こちらは一般公開されていません。

しかし、本館の廊下から別館の廊下が見えて、
そこは、悪魔くんの第11話『幻の館』で、
明らかにメフィスト、悪魔くんと妖怪の老婆が闘った場所でした。



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ


コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。