FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングリッシュデージーの花言葉と育て方

イングリッシュデージーの花言葉と育て方


今回は、イングリッシュデージーの育て方と、
花言葉についてご紹介します。

イングリッシュデージーは、
原種のデージーで、やや小ぶりな野趣のある姿をしています。

花は、一重の白い花で、たまに赤紫やピンクが混じるときがあります。
花は、日差しに反応して開き、冬から咲くとする向きもありますが、
種から育てた場合開花は、3月で最盛期は、4月です。

株は、小さなロゼット型で、
デージーよりも小さめのへら状の葉を密につけます。

基本的な性質はデージーと変わりませんが、
こぼれ種でも増えるほど丈夫な花です。
寒冷地では多年草になりますが、暖地では一年草扱いになります。



日当たりと水はけ、水もちのよい場所なら放任で育ちます♪
強い乾燥が苦手で、やや湿り気のある土を好みます。

酸性土を嫌うので、植え付け用土は、
あらかじめ苦土石灰などで中和しておきます。
苗では、あまり出回りませんが、種から育てるのも難しくありません。

暖地でも運がよければ、こぼれ種が来年芽吹きます。



一般的なポンポン咲きのデージーに比べると、
少し、控えめな印象なので、自然風の寄せ植えや花壇に向きます。

メインというよりも、引き立て役や調和役に向いています。
単独で広い面積を埋めるのも、野生の花畑という感じで楽しいでしょう
デージーに比べてやや花期は、短めです。



イングリッシュデージーは、
デージーより野性味があります。

種から育てるのに、向いていますが、
残念なことに5月中ごろには、勢いが衰えて花つきも悪くなります^^;



イングリッシュデージーの花言葉は、
「美人、無邪気、希望、平和」です。

とても素敵な花言葉ですね^^♪



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ



コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。