fc2ブログ
 

箱庭 ジオラマ ミニ日本庭園 ミニ盆栽 ミニガーデンなど

盆栽もみじの剪定のやり方と芽摘みの仕方

盆栽もみじの剪定のやり方と芽摘みの仕方


今回は、モミジの盆栽の手入れや、
剪定のやり方について、ご紹介します。

まず、芽摘みの適期ですが、
モミジの盆栽の芽摘みは、3月の下旬ごろから4月の中旬頃が
最もオススメです。

また、その芽摘みにも目的がいくつかありますので、
ご紹介します。

①間接の詰まった枝にするため
積まないで、伸ばしてしまうと第一関節が間延びしてしまいます。
特に完成樹などでは、細かに芽摘みをして、
枝先のほぐれを維持することが大事です。

②枝数を増やす
芽摘みをすれば、そこから2つ以上の芽が出ることが期待できます。
豆に芽摘みをすれば枝先のほぐれた気になるわけです。

③強弱を平均化する
春先に一斉に芽が出るといっても、
早くにでるものや少し遅れるものがあります。

そのため、早いやつから順に摘んでいけば、
遅れたやつ(特に遅いものは摘まなくてもいい)
に歩調を合わせることができるわけです。

芽摘みのタイミングですが、
水やりの時などに注意してみておいて下さい。



その時に芽先がすこしほころんできたな、
と感じたらほころんでいるやつののみ芽摘みします。

早いものは早いタイミングでOKです。

遅れていれば膨らんできたときに摘みます。
つまり、一度にすべてを、というより、
摘める芽から順番に日にちをかけて摘んでいくわけです。

芽摘みの仕方は、
芽先がほころんでいるものを見つけたら、
ピンセットで先を割ります。

太らせたい枝には、芽摘みしないでください。
育成段階の木で、枝を太らせたいという目的があるのなら、
その枝には芽摘みはしません。

芽を伸ばし、枝を走らせて十分な太りが得られた時に切り戻します。
その後、毎年芽摘みを繰り返して枝を作っていくことになります。



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ



ミニ日本庭園の作り方

ミニ日本庭園の作り方


今回は、ミニ日本庭園(箱庭の日本庭園)の作り方についてご紹介します。

本物のように見えるけど、実は人口の物!
そう言ったものを使いたいのでしたら、ドライモスがオススメです♪

ドライモスなら枯れません^^
ただ、最近の物は、綺麗な代わりに高いです^^;

安易には、スポンジをちぎり、
緑に塗って乾かして木工用ボンドで張るという手もあります。

土台にも、色をつけておくのがポイントです。
スポンジは、ピンクとかは避けて、黄色、青、グリーンあたりの、
これらの色で探してください!

安くて沢山入ってるのでいいです



とりあえず、全面に苔を使うのでなければ、
そこらへん(道端や道路の縁石とアスファルトの隙間や友達の庭)
に生えてる苔を出来るだけ固まりで薄く集めて、トレー等に並べ、
レイアウトするまで、たまに霧吹きしておけば結構もちます。

レイアウトするときは、丁寧に敷き詰めればかっこよくなりますよ^^

隙間があかないよう、
上手くテトリスしてぎゅうぎゅうに敷き詰め、
押さえるのと、土が見えない様に、
先に端っこの土を落とすか、巻き込んで処理するのがコツです!

砂利もそこらへんのでいいですが、よく洗ってください。
かっこよくしたいなら、熱帯魚店にいい砂利が揃っています。

石は、発泡スチロールを作りたい形より少し大きめに切り、
荒い金ヤスリ(100均にあります)でがりがり削り形を作って、
アクリルガッシュにアクリル絵の具を足して、

色をつけて全体に塗り、白や黒、緑の絵の具を垂らしたり、
塗ったりして濃淡をつけ、最後にガーゼで作ったポンポン
(てるてる坊主みたいなの)に暗いグリーンの絵の具を付けて、

少し紙等に叩いて様子をみて、
少しずつ乗せていくとそれっほくなります。



乾いてから次の作業をしないと、
ドロドロになるので注意して下さい!

また、アクリルガッシュは結構高いので、
石粉粘土も使用するなら、
少量の石粉粘土+同じ量の木工用ボンド+水+水溶性の絵の具、
でも、発泡スチロールに色を乗せるための下地が作れます。

この方法だと、荒い感じの岩ですが、
カッターで上手く切り出せればツルツルな岩も作れます♪

私は、アクリル絵の具を使用する派ですが、
スプレー缶やポスターカラー、水彩絵の具でもいけると思います。

安易に黒は使わず、
色んな色を混ぜて、黒っぽい色を作ると自然っぽくなります。

黒と緑は必ず自作して下さい!
また、発泡スチロールを芯に石粉粘土を使えば、燈籠なども自作出来ます。

石も厳密に形を作りたいなら、粘土がオススメです。
石粉粘土は、完全に乾いたらヤスリがかけられるので、細かい造作に向きます。

石粉粘土(ラドールが使い易いです)は、
大きな手芸・クラフト店に売っています。

是非、外枠にこって下さい。
箱庭の枠はがくぶちなので、ちゃちいと中もちゃちく見えます。

木枠なら、マットに真っ黒に塗るだけでも随分引き立ちます。
この黒は均一な黒の方が綺麗です。



手作りするなら、このようなやり方ですが、
灯篭や岩などの小物は、ジオラマを扱っているお店なら、
売っていると思うので、

お金に余裕があり、手作りするのが苦手な方でしたら、
小物を買い揃えるのも、良いかと思います^^♪



--------------------------------------------------------------------------------

たくさんの方に見ていただきたく、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!


にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村


寄せ植え・ハンギング ブログランキングへ